基本ライトノベル

ライトノベルについて書くブログだったはずだけど日記のブログだよ

誰もみていないというのは嬉しい

すごい。このブログ、アクセスしているのが僕しかいません。

アクセス解析があるので一日に何人きているのかわかるのですが物の見事に僕の分しか回っていない。

誰にも伝えてないので当然ですが、これは気が楽だなあ。

 

思えば僕もいくつもブログを作ってきたものだなと思います。

最初に創ったいくつかのブログはどれも日常をつづったもので、当時はオンラインゲームにおぼれていたのでその関係の人に向けて書いていた日記でした。今思うと信じられないことだけど、どれも長続きしないですぐにやめちゃってたなあ。

やはり、ブログを始めるにあたって必要なのは「何を書くのか」というテーマ設定なのだろう。僕がブログを継続して書けるようになったのは「本について書こう」と明確な目標を持ってからだった。

しかも創ってから1年か2年は今のようにアクセスカウンターが自分の分以外でほとんど回らない状況だった。でもアクセス数を増やすためにブログを書こうと思っていたわけではないからまったく気にならなかった。今も同じだ。アクセス数があろうがなかろうが、反応があろうがなかろうがどうでもいい。

そういう意味で考えると、ブログを続けるために「アクセス数を増やす」ことを目標にするのはつまづく可能性が高いな。増えなかった場合、モチベーションもあがらない。

僕らは言葉を使って書くし、言葉を使って思考を残すから言葉の枠組みに囚われたことしか考えることができない。縛られた不完全なものでも、何かを書いて残すことは子供を残すことと同じように誰でも持っている欲求じゃなかろうか。

誰にも見られていないというのは気楽だ。もちろんネットである以上誰にでも読まれる可能性があることは忘れてはいけないけれど。

もう少し続けてみよう。明日は何かもう少しまとまったテーマで書いてみようかな。