基本ライトノベル

ライトノベルについて書くブログだったはずだけど日記のブログだよ

リーダーについて

今日本はリーダー不在の国と言われており実際そうなのだろう。原発から
民主党まで問題は様々だが未来へのビジョンを示してリスクをとって決断を下していく
主体が欠如している。それがこの国の大きな問題でもあると誰もが言う。

僕はリーダーについて考えなければいけなくなったのでリーダーについて考えようと思った。
まずとりあえず他の人がリーダーについてどう考えているのか読んでみようと思って
いくつか本をよんでみたけれどまああんまり面白いもんでもないね。

要するに今上で書いたようなリーダー不在の日本を嘆いて、その後リーダーとはといった
リーダー論に発展していく。ただねえ、「リーダーとは」とか、正直そんなのどうだってよくないかな。
だってリーダーとしてどんな能力が必要かなんて誰だって言われるまでもなくわかってるじゃないですか。

リーダーにもまあ色々いるんだろうけど、とりあえず平時型のリーダー(決められた業務を、規定にしたがってスムーズに進行する)
と危機対処型のリーダー(先がみえない状況で決断を下していく)のざっくりわけて二タイプがいて、日本ではまあ前者はいないし後者はもっといないよねっていう話。
でリーダーに必要なのはビジョンだとか先が見えない状況で決断するんだとか色々言われる。

同時に日本にはリーダーになるための教育が欠如していると。そんなのは誰だって知っていることだ。
誰もが知っている状態をあらためて指摘して教育をしていかなければいけないといったってしょうがない。
そこでは事実教育が行われておらず、発生せず、つまりそこには何か原因があるはずなのだからリーダー論をやろうと思ったら
「なぜこの国ではリーダーが育たないのか」といったところを先に検討しなければならないでしょう。

そしてなぜこの国ではリーダーが育たないのかといった根源的な問いに対しては内田樹先生の『日本辺境論』がたいへん面白い。
「正しい」とか「間違っている」とかは関係がなく、これは面白いです。凄まじく要約してしまえばこれは「中国という超大国のすぐそばで発展してきた日本は常に大国の「辺境」としての意識を発達させてきた辺境人である」ということになります。

ヨーロッパの思想史ではまだ誰もやったことがないような事を意志と決断の連続で成し遂げた人が大勢いますが
日本にはそういった人物はほとんどいません。例外として坂本龍馬がいるぐらいで、だからこそこうした不安定な状況では
日本の指針として坂本龍馬の物語が語られるのでしょう。日本人は常に「他国に追いつけおいこせ」といった「大国の付近をうろちょろしている小国として、他者がスタンダードとして設定した目標、もしくは状況を参考にし、これに追いつく形での学び」を発動させてきたのです。

先が見えない時代でのリーダーとして求められる力は、「こんな状況は初めてだ。どうやればいいのか絶対の正しさはないが、私はこうやるべきだと思う」と大勢を納得させそこに向けて舵をとっていける人間です。ただ歴史的世界的にみて日本という国が役割として担ってきたのは、世界標準を大国に作ってもらい、これを最善と設定して邁進する立場です。もちろん歴史的にみて常に「大国を参照」してきたわけではないと思いますけどね。たとえば中国を基本的に参考にしていた日本ですが宋の時代からは歴史が分かれ始めます。ただ大局としてみた時に、頷くことの多い内容だと思います。

つまり日本という国では歴史的に「危機対処型のリーダーが生まれにくい」国と言えるでしょう。そんな国で「外国でやっているようなリーダー教育をやれ」とかいってはたして意味があるのか? 僕はないと思う。なにしろ日本という国は長い歴史を通してこれでやってきたわけです。もちろん今以上の危機もあったでしょう(知らないけど)。でも生き延びてきた。そこにはやはり生き延びる為に利点があったからでしょう。

もちろん「海外でやっているようなリーダー教育がないから日本はダメだ。リーダー教育をやるぞ」っていうのもそれなりに利があるのでしょうけど、それをただ述べるだけの今いっぱい出ているリーダー論は、あまりにも安直にすぎる内容だと思いました。