基本ライトノベル

ライトノベルについて書くブログだったはずだけど日記のブログだよ

ニンジャスレイヤー

途中で読むの諦めた……。特殊なノリにまったくノレなかったのもあるし、そもそも百四十文字区切りで文章が続いていくのが単純に苦痛だった。文章は当然ながらどんなふうに書いてもいいので、一文が140文字以上になることだってあるし必要さえあれば当然そうなるべきなんだけどTwitterの制約上常に文章が一定の数で終わる。特に言及している人を観たことがないのでこれは僕だけなのかもしれないが、その一定のリズムで続いていく文章が振り子を見ているみたいで退屈であり、不安感を煽ると思ったのだが、ノリにノレなかった理由を無理矢理見つけ出そうとしているだけのような気がしないでもない。評判はいいので僕の言うことなど真に受けないでもらいたい。