基本ライトノベル

ライトノベルについて書くブログだったはずだけど日記のブログだよ

なぜライトノベル作家は先輩後輩みたいになるのか(あいまい)

ライトノベル作家は仲がよさそうなグループがある。なんというか、Twitterでのやりとりをみていると会社みたいなんだよね。同レーベルへの新人賞投稿者とか受賞者への態度をみていると。先輩後輩みたいな。本来作家なんてただの個人事業主なんだからリスクを考えれば単一レーベルから作品を出し続けるのなんて辞めたほうがいいだろうに、なんだかレーベル愛すら感じさせる。年々コンスタントに受賞者が出続ける環境が自然とそうした関係性を生み出すのだろうか。あんまり関係ないけれどいわゆるライトノベルクラスタみたいなものがTwitterにあるようなのだが、みんな仲がよさそうで、こうしたコミュニティの発生も考えてみれば不思議だ。

まったく関係ないんだけど作家のTwitterはあまり見ないようにしようと思う今日このごろ。時雨沢恵一さんのTwitterとかひどいもんな。何をそんなに煽っているのじゃろうと思うばかり。