読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基本ライトノベル

ライトノベルについて書くブログだったはずだけど日記のブログだよ

ニュース

「日本の小説は海外で相手にされてない」清涼院流水の小説英訳プロジェクト「The BBB」(エキサイトレビュー) - エキサイトニュース

何年か前に「TOEICで満点をとったらスタートする企画がいくつもある」といったっきり満点をとったという話をまったく聞かない清涼院流水先生ですがようやく長い沈黙の間に英語の勉強だけをしていたわけではないことが明らかになりつつありますねえ。嫁さんもいるんだからそんな遊んでないでちゃんと小説を書いてくれよとファンである身としては思っていたんですが、もうすっかり英語狂になっており大変ショッキングです。英語より小説を書いてくれと思うけれど(実際コズミック・ゼロは傑作なわけだし)。

年収が下がる人は本を1ページ目から読む【これから10年 年収が下がる人上がる人】 | Socialzine ソーシャル人

すげーアホなことを言っているなあと思いながら開いた。まあwebの記事タイトルではよくあることなんだけど。僕はとにかくこの記事タイトルで人をひきつけるという常套手段が大嫌いで、そうしなければ人を惹きつけられないwebの現状の仕組みが糞だと思う。僕もまあ情報を適当に入れたい時はぺらぺらって必要なところだけ読むこともあるけどさー、絶対みんなそんな細かいこと厳密に守ってないよねー。

20日発売の週マガ読み切り「聲の形」が大反響 「立ち読みでもいいから読んで欲しい」:ひまねっと

マルドゥック・スクランブルを書いた大今良時のルーツだからこそ価値があるのであってこの作品自体の評価は正直そこまで高くない。プロットは僕のすごく嫌いなパターンだし。まあぎりぎり読み切りだから許容範囲だけど。すごいなと思ったのはプロットより構図とかコマ割りとかで、此の時点で既に強烈に惹きつけられる(別冊でマルドゥック・スクランブルの連載が始まった時はほんとに驚愕した。ヴィンランド・サガ週刊少年マガジンで始まった時と同じぐらい驚愕した)。