読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基本ライトノベル

ライトノベルについて書くブログだったはずだけど日記のブログだよ

なぜゲームに飽きてしまうのか

日記みたいなもの。ダンガンロンパ2をやって以来眠っていたPSPをたたき起こしてきて、Fate/Extraをやっております。

Fate/Extra CCCなるものが出ていたのでやろうと思ったら、Extraの続編みたいな立ち位置であり、しかもシナリオを奈須きのこがちゃんと書いているというのであれば気がつくのに3年遅れたとしてもやらない理由にはなりません。いや驚いた。絶対その辺のどうでもいいライターが書いたシナリオでキャラだけ共通しているありがちなゲーム作だと思っていたら、本人が書いているんだもん。奈須きのこワールドは属人性が強すぎて、本人以外からは摂取することが困難であります。自分だけのコンテンツが創れるクリエイターというのはつよい。コンテンツの価格なんて究極的にいえばいくらでも釣り上げられるわけですが、その値段についてくるだけの「その人だけのもの」がなければなんともなりませぬ。

どうでもよかった。で、普段ノベルゲー的なもの以外はやらないんですけど、それは時間がかかるってこともあるし、単純に退屈だからという理由もあり。なんかゲームって無駄な動作が異常に多いと思うのですよ。たとえばこのFate/Extra、単純化してしまえばただのじゃんけんゲームなのです。こちらはATTACK、Break、Guardの三種類の中から6回分の行動を選んで、敵も6回分選んで、相性がよければ攻撃が通るし悪ければ逆にやられます。これにスキルとかステ振りとかが関わってくるだけなので非常にシンプルなシステム。

で、結局じゃんけんなので必勝法がひとつしかなく、相手の攻撃パターンを読みきらなくちゃいけないわけですが、これがまたメモをとったりしないといけなくてたいへんめんどうくさいわけです。しかも敵が強いのでメモをとらずに適当にやってたら後半になると進めない。メモ取り推奨ゲームなのです。でもそれって結局メモさえとれば問題ないわけで、そのメモをとるのがひたすらめんどうくさい。

メモをとれば勝てるのがわかっていて、しかしそのメモとりが何のスキルも必要としないただの手間でしかなく、しかも失敗することがないのはわかっている。こういうのがもう耐えられない。やってられない。そしてこれは何もこのゲームに限った話ではなく、すべてのRPGが、だから僕は嫌いなわけです。ある敵に勝てない、となったときにレベル上げをすれば誰でもクリアできるようになるのが画期的なRPGのシステムなわけですが、結果がわかっていることを延々とやるのって苦痛すぎるわけで。

世の中にはレベル上げが好きでたまらない人間もいるのでたいへん不思議ですが。