基本ライトノベル

ライトノベルについて書くブログだったはずだけど日記のブログだよ

単行本から文庫化される時のタイトル変更による罠

また引っかかってしまった。

至道流星の「世界征服」などというそそるタイトルの文庫が出ていたのでいそいそと買ってみたら雷撃SSガールの文庫化であった。タイトルが……タイトルが変わっていたら気がつくはずないだろうが!! 説明文を読めば気がつくはずではあるけれども、さいきん本は3000円を超えるようなもの意外はほとんど反射神経で買ってしまっているため、文庫なんかだとあっという間に手を出してしまう。梅田望夫さんの羽生善治について書かれた本も、文庫化時にタイトルが変わっており間違えて買ってしまった。反射神経で買う人間にとっては、文庫化時のタイトル変更はとんでもない落とし穴である。

世の中にはタイトルが変わっていないにも関わらず同じ本を買ってしまう猛者がいるらしいが、それはさすがにない。というか、読んでいたら忘れるはずないと思うのだが……。

対処法は注意深く確認しようね、で終わってしまうわけだけど、この悔しさ筆舌につくしがたい。なぜなら「新作が読める」とうきうきして読み始めてみれば過去に読んだものだったのだから、お金だけでなくうきうきまで失われているのだから! まあ注意しよう……。