読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基本ライトノベル

ライトノベルについて書くブログだったはずだけど日記のブログだよ

大日本サムライガール

これは傑作。

まだ完結していないのであまりとやかくいうようなものでもないが。

羽月莉音の帝国 - 基本読書

羽月莉音の帝国でこんなもんを書いてしまって次にこれを超えるようなものが書けるのかよと呆然としてしまったけど。いやあ、きっちり別ベクトルで素晴らしいものを仕上げてきた。まあ、一方同時に出ている好敵手ナンバーワンはひどい出来なんだけど。

政治とメディアを主軸に据えて、しかもそれをここまで書いてみせるとは。

氏の作品にどれも一貫しているのは社会……というか企業や政治といった大きな枠組がどのような力学で動いているのかを描いているところであるが、あくまでそうした事例を複雑に書かずに、非常にシンプルな法則がそこには存在しているのだと示していくところにある。それはどの作品でも常に一貫していて、物語としてはそのシンプルな力学をぽんっと押したり落とし穴にハマりこんでいくキャラクタを設置していくだけだ。ようはどのような業界の、どのような仕組みを何を目的にして書くかだけが毎回異なっている。

いやはや、すごい作家もいるもんだ。セルフイメージのコントロールも意図的。何やら凄まじい人間であり凄まじい覚悟を持った人間であるかのようにあとがきで語るけど、まさにそうした自身のイメージ戦略こそがメディアであり政治的力学を動かしている原理原則の一端である。