基本ライトノベル

ライトノベルについて書くブログだったはずだけど日記のブログだよ

もし自分が末期がんであったら

末期癌の母親と一緒に、死ぬまでの僅かな期間を本を読んで語り合うbook clubに時間を費やす息子の話を読んでいる。

『さよならまでの読書会』

末期癌、レベル4なので当然遠からず死ぬ。一年はまず無理で、2〜半年ぐらいの間生きているのがせいぜいだろう。闘病することを厭わないではいるものの、そういう問題でもない。「いつだって、誰だって死ぬかもしれない」と漠然と考えながら生きている人はいるだろうが、「数カ月後に確実に死ぬ」という切迫感をもったときに、僕はいったい何を読もうと思うだろうか。

長い本はつらいかもしれない。話の途中で死んだら死んでも死に切れない。シリーズものには末期癌は適さない、かといって短いものばかり読んでも満足感が得られるかどうか。新作を読むのか、あるいは自分が過去に読んできた傑作たちを改めて読みなおすのか。小説を読むのか、ノンフィクションを読むのか。もうノンフィクションは読まないような気もする。もう今から去っていく場所のことを知ったところで、どうしようもないだろうから。

さよならまでの読書会で、末期癌の母は読む本を新旧取り混ぜて選んだという。むかし読んだ傑作と、いまなお出てくる新しい本。だいたい半々ぐらい。それがいいのかもしれない。まあなんにせよ、死ぬ前にどんな本を読むのかに正解も不正解もないだろう。好きなように読んで、どうせ死んだら消えていくのみだし。