基本ライトノベル

ライトノベルについて書くブログだったはずだけど日記のブログだよ

読まれたくないが、まったく読まれたくないわけでもない

読まれたくないのでこのブログの記事はまったく意味不明なものが多いが(あばばばばばとか)、それは読まれたくないからである。

というか、なんか今って、どれも記事のタイトルが胡散臭くて、それが大嫌いなのだ。○○するための10の理由 とか書かれた時点で「けっ」と思うし、なんかやたらと凝った、人をなんとかして寄せ付けようとするタイトルばかりで(それが目的なんだからしょうがない)そんなタイトルを見るだけで嫌気がさしてくる。しかも読んだところで何か大したことが書いてあるわけでもないし。ブログのアクセスアップ法などを読むとたいてい記事名をこうしろ〜あ〜しろ〜みたいなことが書いてあるが、そもそも読ませるための「内実」もないのにそんなタイトルだけ凝って人を呼び寄せてどうすんだ、と思うし。

だから最初からなんの期待も持たせない、意味不明な記事名をつけておけば誰もがっかりしないし、そもそも誰に読みに来ないから安泰である。そもそも誰も読みに来ないんだったら公開なんてしないで、自分の日記帳にでも書いてろ、このボケ!! という考えもあるだろう。そうしないのはやはり、それなりに、誰かには、ちょっとだけ、得になることがあるときがあるかもしれないかも、と思ったりするからである。ただそれはわざわざその辺にいる人に「ねえねえちょっと聞いてよ、こんなこと考えたんだけどさ」、と伝えようとも思わないので、こっそりと、一人カラオケで歌いちらしているだけである。