基本ライトノベル

ライトノベルについて書くブログだったはずだけど日記のブログだよ

正義のリアリティのなさ

よくヒーロー物とかだと正義とは……といったテーマで悩むし、何らかの単一的な論理で世界を救おうとする。サンデル教授はそれぞれの主義主張を並列的に対置させ、正義はまったくことなることをいくつもの例で示す。正義とは人の考えのもとに成り立つものであり、正義の逆はまた別の正義であるというどこかの言葉もまったくそのとおりであってつまるところ「正義とはなにか」を考えていくのはちょっとリアリティがないというか、バカっぽいのではないかと思う。

1つの笛を3人の子供のうち誰に与えるのかという例題がある。3人の子供はそれぞれ名前をアン、ボブ、カーラとしよう。アンは自分が笛をもらうべき理由として3人の中で自分だけが笛を吹くことができることを挙げる。一方でボブは自分は3人の中で一番貧しく自分のおもちゃを持っていない唯一の子供だと訴える。最後にカーラはその笛は自分が何ヶ月もかけて創ったものだと主張する。

この中から1人、だれに笛を与えるかを考えるのはそれぞれ主義が決まっている場合は難しくない。たとえば経済平等主義者ならば一番貧しいボブに笛を与えて平等にしようというだろう。一方リバタリアンならカーラが創った笛を他の人間が奪っていくことは自由に反しているとしてカーラに渡すだろう。功利主義者になると難しい。アンに渡すのが一番アンの喜びが大きいかもしれないが、貧困の中にあるボブの方が受け取ったほうがより喜びが大きいかもしれない。

こういう状況において唯一絶対の解など存在しない。だとするならばそもそも目指すべき正義とは何かという問いは立て方自体が間違っているのだろう。現実に存在する問題にたいして、あくまで現実的に対処していくのは「不正義」を一つ一つ地道につぶしていく以外にない。すごーく地道な話。企業のロビー活動を最適な形で制限し、飢えた国への最適な援助ができるように検討し、環境保全をあらゆる角度から検討する。地道で科学的な不正義にたいしての改善こそが世界を今まで繁栄させてきた。

正義のアイデア - 基本読書
繁栄――明日を切り拓くための人類10万年史 - 基本読書