読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基本ライトノベル

ライトノベルについて書くブログだったはずだけど日記のブログだよ

いろいろ

この前横浜の神奈川近代文学館にいってみました。

文豪の直筆原稿がいっぱい見れるわけですが、どいつもこいつも字が汚いですね。
そりゃたくさん描かなくちゃいけないから、文字を綺麗に書いている余裕なんかないだろうけど。
僕なんかタイピング速度に慣れすぎて、たまに手で字を書くと実際に書いている数文字あとの文字を書いていたりしますからね。
あした、と書こうとして、あを書いた時点ですでにたに意識がいっているのであたたになったり、というミスが頻発します。

履歴書を手書きで書かなくてはいけない新卒時代は本当に悲惨でした。
あんな苦しいこともうしたくないけど、今は仕事をやめようと準備しているので、やらないといけないかもしれない笑

しかし当然ながら手書きの時代とタイプライター以後の時代では文字の書きやすさがまったく異なっているので、
文字量にもそれは現れているでしょうね。作品の文字数は増大しているはずです。

一時期アニメのガッチャマンクラウズがオモシロイと思って記事まで書いたぐらいだったのですが、
途中からまったくおもしろくなくなってしまって観るのをやめてしまう。アニメは途中で感想書くのダメだなあ。
しかし何が変わったのかは謎です。追求する気にもなりませんね(それぐらい熱が冷めた)。