読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基本ライトノベル

ライトノベルについて書くブログだったはずだけど日記のブログだよ

Kindle本の返品について

ちょっとおもしろかったのでメモとして残しておこう。この前自分でKindle本を出したのだが「返品」の項目があってびっくりした。自分で出したものについては思っていたよりもするすると売れているのでそれについては満足なのだが、返品されるのは気分がイイものではない。というかそんなことができるのをはじめて知った。今回予約で買っておいたKindle本を間違えて紙でも買ってしまったので、返品処理を願い出たのだが10分かからずと処理してもらったので随分と便利だ。

Amazon.co.jp ヘルプ: Kindleの返品
このぺーじのカスタマーサービスに連絡ボタンをクリックすると問い合わせができる。電話、チャット、メールで選べるがチャットのレスポンスが速いのでいい感じ。買ってから7日以内なら返品可能だそうだ。僕の場合はそもそも端末にDLすらしていなかったのですぐに対応してもらったが、既読の場合なども応じてもらえるのかどうか気になって聞いてみた。

03:08 PM JST 冬木: 今回は一度も開いていませんでしたが、たとえば70%まで既読状態である時と、未読状態である時というのは確認できるものなのでしょうか? また確認できた場合返金の際に差が出たりするでしょうか?
03:10 PM JST 後藤(Amazon): ご購入をいただきましたKindleコンテンツにつきましては、アカウントにご登録のKindle端末やアプリへ配信済みであるかどうかは確認ができますが、お読みいただいている進捗状況については把握できません。
03:11 PM JST 後藤(Amazon): また、Kindleコンテンツの返金につきましては、原則として商品注文後7日以内となりますため、お問合せをいただきました内容からその都度ご対応させていただく形となります。
03:12 PM JST 冬木: 了解いたしました。丁寧に対応いただきありがとうございます。

ふーん。実際はどこまで読んだのかというのはクラウド上でプールしている情報であるために把握できないはずがないと思うがとりあえず返金のときは観ないよ、ということらしい。つまり7日以内であれば読んでしまってさっさと返金することも可能なわけだ。もっともそんなことばっかりやっていたらあっという間に目がつけられてしまうだろうからやるわけにはいかないが(ヘビーユーザーだし)。