読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基本ライトノベル

ライトノベルについて書くブログだったはずだけど日記のブログだよ

柩姫のチャイカ(3巻まで) by 榊一郎

3巻までなのはそこまで読んで飽きたから。榊一郎アニメラッシュ。
変なところもそんなにない、まっとうなファンタジーで特筆すべきところが少ない。

特徴としては
・戦乱が終わったあとのファンタジー世界で、主人公側が再度戦乱が起こることへ肯定的な面
・直接的な戦いを志向するのではなく、ニンジャ系統の能力持ちの主人公が必要なアイテムを盗んでいく
・メインヒロインが片言。眉が太い。
ぐらいか。下記感想の箇条書き。

・読みどころはないんだけどほのめかしやこの世界そのものなどやっぱりそこそこ面白くてベテラン軽小説屋はさすがだなあと思ったり。3巻までしか読んでいないから謎のほとんどはわからないままだけどこの後明らかにつれてお話の規模もどんどんデカくなっていくんでしょうね。
・その一方である程度評価の固まったベテラン軽小説屋だからこそもっと尖らせて、もっと変なことをやって欲しい……とは思うもののへんてこ路線ではアウトブレイク・カンパニーとかもやっているしなあ、とか一巻のあとがきでさんざん編集に変なことをやるのを止められたって愚痴のように書いていたなあとか思い出すが、仕方あるまい。
・この作品に出てくる妹キャラクタ、性格造形が神原駿河でノリが作風と違いすぎるので出てくる度にそこだけ別作品を読まされているようなつらい気持ちになる。この手のキャラクタはどうも榊一郎文体では馴染まないなあ……。
・残念な点としてニンジャ系統の主人公にアイテムをゲットするのが目的というデザインなのに結局のところ相手と肉弾戦をする展開ばかりなのはどうしたことだろう。アイテムがゲットできればいいんだから盗んでも騙してもいいはずなのになぜ馬鹿正直に毎回戦わねばならん。