読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基本ライトノベル

ライトノベルについて書くブログだったはずだけど日記のブログだよ

ペルソナQクリア

面白かった。たださすがに疲れたな。5つのダンジョンしかないのだけど、とにかく敵がタフであっという間に全滅するか体力がゴリゴリ削られていくため戻りと検討に費やされる時間が多い。もっとも回復アイテムを積んで逃げるべきところは逃げ──と進めていけばそこまででもないのだけど。特にどれだけ敵の硬さが上がろうが、結局最後の最後まで即死系で一掃できるのでストレスはあまりなかった。即死系を縛るとしたらひたすら面倒くさかっただろうな。

ダンジョンは敵を使った謎解きというアイディアは面白い。世界樹は一作目しかやってないけどその時からあったっけこのアイデア。基本戦ってはダメな存在で、位置を考えたり動かしたりいろいろ策略をねらなければいけないのだが面倒臭ければゴリ押しで倒してもいけるバランスが面白かったのだが……。後半にいくにつれてゴリ押しで倒せる相手でもなくなってきてしまったのがちと残念。それに伴って謎解きはかなり面倒くさい。RPGのダンジョンで謎解きが導入されているものは数多くあると思うが、これはなんなんだろう。

なんなんだろうというのは、面白さにつながっているのか、はたまた他の意図があるのかということ。まずこの仕掛けがなければ基本前に進んでザコ敵を一掃していくだけなので、ダンジョンに潜っているという感覚はほぼなくなってしまうような気もする。ただ前に進んでいくだけ。多少間違ったルートに誘導されたりするが、結局戻ればいいだけなので敵との戦いも非常にダルくなるか。一方で謎解きがあったからといって、謎解きをクリアしたからといってそこから快感が出るわけではない(あくまでも個人的な話だけど)。あくまでもああようやくこの面倒くさい仕掛けがおわって先に進めるぞ……と思うだけだ。なければないで単調だなんだと文句をいうだろうから、このへん嫌なバランスではある。

戦闘に関しては状態異常系の攻撃が通りまくり、敵の状態異常系を食らって全滅することしかり、とにかく状態異常が怖い。とりあえず敵全体に混乱をかけて全体即死をはなって一掃する雑魚戦パターンと、とりあえず敵に混乱をかけてあとは複数回攻撃などでけずっていくので攻撃魔法系が最後まで残念な感じではあった。ペルソナシリーズと違い弱点をついても相手がダウンしないことがあるので必然的に立場が弱くなるのはしかたがないか。あと混乱が最後まで効くし。バランスは……どうだったかな。こうして振り返ってみるとよかったんじゃなかろうか。直接攻撃系が強いよりかは、状態異常系が強いシステムの方が好きだ。最後まで楽勝モードにはならなかったし。

ストーリーについて。お決まりになった感があるが最後のまとめで人と人が出会ってかわっていく〜みたいな話をかなり直接的に言葉でぺらぺら喋り出すのはキツイものがある。ツッコミ役が一人でもいれば違うんだろうけど、みんな金八先生の生徒かよみたいな青臭さで俺たち友達だもんな! おまえら信じてるよ! みんながいるから生きていけるんだ! と爽やかさを爆発させているのでそこからほどとおい人間であるこっちからすると、げっそりしてしまう。端的にいって気持ち悪い。

ちょっとゲームはつかれたから休止して止まっていたアレやコレを動かさないと。