読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基本ライトノベル

ライトノベルについて書くブログだったはずだけど日記のブログだよ

六畳間の侵略者!? (HJ文庫)

一巻だけ読んだ。

これ、アニメ化してるみたいだ。つまらなすぎてびっくりしたけど、これが16巻も続いているのだからスゴイ。

この立ち上がりの遅さでこの作品がどうやって生き延びたのか不思議になるぐらいではあるけど、今は乱読しているわけではないのでこれがどの程度のレベルにあるものなのか謎。この後の展開で人気が出たのだとしても、この後まで読もうと思う人間がいるのが不思議なぐらいつまらない。ストーリーを求める読者は少数派で とりあえず最初はキャラクタをじゃんじゃか出して揃えるだけでも一定の人気は出るものなのか? 3巻ぐらいまでは頑張って読もうという良心的な読者がその後の展開の面白さに気がついて盛り上がったのか? はたまた続刊に期待させるような要素が何かあったか?(ほのめかしだけは大量にあるが期待にはつながらない。)立ち上がりの時期を全く知らないからこの作品が16巻も続いてアニメ化されていることがほとんど奇跡みたいに思える。

結局、キャラクターノベルなので「背景を持ったキャラクタ」がいればそれだけでいくらでもシナリオは膨らませられる。たぶんいっぱい出てきたキャラクタを個別にこの後じっくりと深めていくんだろうし、いくらでも続けられるから(といってもバランスを考える必要があるからそうもいかないんだろうけど)、多様な世界観を背負っているキャラクタを無理矢理ねじ込むという手法だけは面白いなと思った。背景というか個別のテーマを抱えたキャラクタを配置して要所要所でそれを拾い上げてサブシナリオ的に重ねていくのは多くの人がやっているし、同タイプだと涼宮ハルヒだっておんなじ仕組みだけどここまで無茶苦茶にそれを推し進めているのはあんまりよんだことがない。

二巻以後⇒よみません