読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基本ライトノベル

ライトノベルについて書くブログだったはずだけど日記のブログだよ

忘れ去られるレビュアーがいいレビュアーだ

たまに「おかげさまで素晴らしい本に出会えました! ありがとう!」みたいに感謝を言われることがあるのだが、忘れ去ってもらいたいなあと思う。ようは「自分が、出会うべくしてその本に出会ったのだ」という思い込みと完結性こそが、ある種の本を心底から楽しむ為には重要なのだと思うからで、そこには余計な介在物があることを意識するようなもんじゃないと思う。だいたい大したことしてないし、極論してみればそうした素晴らしいと思った本の著者のおかげかというのも怪しいものだ。何かをそこから引きずり出そうとして、そこから何かを引きずり出せたという錯覚が重要なのであって、それは基本的に読んだ人の能力なのであるから。だからまあ、これだけのものを引き出せた自分が凄いのだと自画自賛するぐらいがちょうどいいのではないかと思う。