基本ライトノベル

ライトノベルについて書くブログだったはずだけど日記のブログだよ

捨てられるか

僕はもう7年だか8年だかブログに本の感想を書き連ねつづけてきているわけで、充実感もあるし楽しみもあるのだけど「これを捨てられるか」とは定期的に考える。ようは僕はこういう活動にたくさんの時間を使っていて、それは楽しいから良い。楽しいから良いのだが、当然ながらそうした活動を一切合切捨ててしまえば極端な話全く別のことをはじめられるし、そこにはまた別の可能性が広がっているはず。「自分はこれをやるんだ」とは思い込まないようにして、捨てるべき時がきたら「今までずっとやってきたんだから」とかそういう「これまでの歴史と思い込み」に左右されず、何の未練も執着も残さず捨てられるような心持ちでいたいものだ。