読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基本ライトノベル

ライトノベルについて書くブログだったはずだけど日記のブログだよ

六秒間の永遠 by 杉井光

杉井光さんの一般向けはどれもきっちり構成されていて良い出来だなと思う。神曲プロデューサーなんかもそうだけど。ラノベ系も好きだけど、ファンタジー方面はあまりすきじゃないし、ファンタジックな要素が増えていくと途端に説得力がなくなっていくなというざっくりとした評価。ただまあ、本作はファンタジック要素が導入された異能力刑事ものなんだけど。能力的にも多少のミスリーディングがあったりして、その辺の読み合いは愉しいかな。傑作というわけではないけれども。続編がつくれるだろうからそっちの広がりに期待。ただネタ的にはこの巻でいきなりラスボス級の物を持ってきてしまった感があるから、続けにくいだろうけど。しかしまあ、主人公の造形というか職種や立場は変わってもその根底、物語の流れを変えうる部分がほとんど変わらないので安心するものの「またこいつか」と思うことはあるな。