基本ライトノベル

ライトノベルについて書くブログだったはずだけど日記のブログだよ

いくつかのコミュ障

コミュニケーション障害通称コミュ障と言われているものはいくつかのパターンに分かれるように思う。
だいたい下記のようなパターンがあるのではないか。

  • 吃り、滑舌の悪さから意図が伝わらない。
  • 言いたいことが文章にできない(緊張などによりマイナス作用によっても含む)。
  • 話はできるものの、自分でそうしたいという意図がないにも関わらず見当違いのことをいう、怒らせる、呆れさせるといった対人コミュニケーション上マイナスの現象を発生させてしまう。
  • 交わり、会話がしたいのだが積極性がなく話しかけられない。
  • そもそも誰とも会話をしたいと思っていない(だから言葉を返さない)。

まだあるかな? まだあるかもしれないが、まあそれぞれのパターンで当事者側の対処法やあるいは相対する側の対応方法も異なってくるだろうな。