基本ライトノベル

ライトノベルについて書くブログだったはずだけど日記のブログだよ

コミュニケーション疲れ

コミュニケーション疲れは個人差が大きいのではないだろうか。

僕は疲れやすいタイプなのではないかと思う。疲労の原因は、基本的に「相手の言っていることはすべて嘘かもしれない」「相手の本心は言葉と表に出てくるものだけでは決してわからない」というふうに疑りながら喋っているからなのではないかと推察している。同じことはツイッタなどのSNSなどにもいえて、リツイートで回ってくるものなどをすべて「デマかもしれない」あるいは「まちがいかもしれない」という疑惑のもとにみているから(基本的にすべてがデマであるという前提の元に人の発言をみているのでリツイートはできるかぎりしない方針をとっている)SNSをみるだけでも疲弊する(だからみなくなった)。

それは望んでやっていることではある。ただ「この人のいうことは信じよう」みたいに疑惑をショートカットする過程を組み込むことによってこうした疲労をずいぶん軽減できるのではないだろうか。「信じる」という言葉/概念は人間には必要ないのではないか? と書いたこともあるし、これは態度として自分がずっと実践してきたことでもあっていまだに正しいと考えてやっていることではあるんだけど、疑惑をショートカットすることによる利益もたしかにあるのかもしれないな。huyukiitoichi.hatenablog.com