読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基本ライトノベル

ライトノベルについて書くブログだったはずだけど日記のブログだよ

だってつまんないんだもん

大層な言葉で作品を評価し褒めあげ素晴らしいと思う理屈を並べ立ててみても「だってつまんないんだもん」という圧倒的な体験をまえにするとどうにも屈してしまう。これは自分が理屈をならべたてて相手を洗脳できずに屈するというよりかは──自分が「なんだこれ、めちゃくちゃつまらねえ」と体験したものを別の誰かが強烈に褒めている時に感じる違和感の方が大きい。ああ──言葉ってのは体験を前にしてはなんて無力なんだ、どれだけその理屈が正しかろうが「だってつまんないんだもん」を前にしたら勝てないのか──。っていやあまあそれはそうで、べつにどうでもいいんだけど。なんかそのあたり言葉を使って洗脳する側に「誰もが洗脳できるはず」ような思い込みというか、ミスマッチがあるような気がする。そんなものはないのだが。