基本ライトノベル

ライトノベルについて書くブログだったはずだけど日記のブログだよ

型にはまっているのか

型にはまっているのかと考えることが増えた気がする。依頼された文章を書くということはやはり整った文章を書かなくてはならず、構成に気を使い一文の長さに気を使い読みやすさに気を使いといろいろ配慮して文章を書いているうちにどこか「職業的に」加工してしまっているのではないか。もともと僕は感情を炸裂させるようにして文章を書いていたのではなかったのか──と思うが、依然として炸裂させながら書いているような気もするし、うーん、どうだろうなという感じである。

まあ、ブログがあれば大丈夫だろうと思っていたのだが、ブログの方もなんだか型にハマっているような気がするのである。今も楽しんで書いているわけだが、昔はもっと楽しんで書いていたような気がするというか。ただ、これは書いていて思ったのだが純粋にブログを書ける量が今年に入ってから減っている、というのが関係しているような気がするな。もっと適当に書きたいのだけど、昨年以前のようなスピードで書けないし読めないのが(これは体に問題があるのではなく、文章系の依頼仕事をやっている分必然的にブログ関連にさける時間が減っていることに起因している)純粋にフラストレーションになっているのかもしれない。

数を書けるということはそれだけ遊びも入れ込めるということであって、数が減った今その遊びの部分も減ってしまっているのではなかろうか、だとしたら数を書くことで今のフラストレーションは回復するわけであるが、そうするか。