基本ライトノベル

ライトノベルについて書くブログだったはずだけど日記のブログだよ

俺は、俺が『甲鉄城のカバネリ』

非常に手ざわりの良い作品であった。

正直言って、このレベルでまとめることができたこと自体が奇跡的な事象だ。4話時点での高まりすぎた期待値を超えてはいない(話が思いのほか小さなところで収束してしまった)、というのはあるけれど、「WIT STUDIOが、12話の、オリジナルなアニメーション製作をする」という枠組みの中でスタッフは最大限の仕事をしたといえるのではなかろうか。アニメーションとして素晴らしいし、特に最終話は良い。

「俺は」とか「俺が」からはじまるセリフが1話時点から非常に強調されており、「俺=生駒が何をするのか」にフォーカスを当てた作品であるからには、このオチで違和感はないというのもある。構成としても無駄がなく、美しい。「できる資源の中でできることをやるプロの技を観た」というのが総評なのは変わらず。もちろん、「もっとこういう形の甲鉄城のカバネリが観てみたい」というのはあれど、それはまたWIT STUDIOや荒木監督の次回作でみせてもらいたいところだ。