読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基本ライトノベル

ライトノベルについて書くブログだったはずだけど日記のブログだよ

ヘルシングOVA

AbemaTVでやっていたのでOVAの全10巻をぜんぶみた。

観るのは二度目だが、やっぱりおもしろいなと思った。『シン・ゴジラ』のおもしろさもだけど、「崩壊のおもしろさ」というものがある。それも個人が、とかじゃなく、街が、国が、人が、渾然一体となって混沌として崩壊していくさまが愉快である。ただ、それは簡単に成し遂げられるものではなく、それなりに基盤がなくてはならない。

なぜ破壊されなければならないのか、抵抗はどのように行われるのか、抵抗が行われないとしたら、なぜ行われないのか。それをいかにして「大規模に」行うのか。終戦間もないころ、冷戦の恐怖がまだ残っている時代なら世界を二分割したり三分割したりして闘争させる物語も描きやすかったろうが、現代ではなかなか「世界をまるごと巻き込んだ闘争」みたいなものは「なぜそうなるのか」という部分を描きづらいように思う。どうしてもテロみたいな形にならざるを得ず、そうなるとどうしても局所的な話の連続になっちゃうんだよなあ。まあ、ヘルシングも少数派による破壊という意味ではほとんどテロみたいなものだが。

そのへんは、屍人の軍団、自身の中に数百万の軍隊を抱えているアーカード、身体が再生する擬似的な不死軍団と少数であってもまるで多数のように振る舞えるユニットが揃っていたから──のも、主要な面子と因縁はごく少なく話の決着がつけやすいわりに「規模感」が出る要因といえるだろう。もっといろんなパターンの「世界をまるごとどうにかしてやろうとする人間」が出てくる話が読みたいものだなと思う。これってようはMGSとか『虐殺器官』とか『ハーモニー』の系譜だと思うんだけどなあ。