基本ライトノベル

ライトノベルについて書くブログだったはずだけど日記のブログだよ

Charlotte 麻枝准の新境地

今更だけどCharlotteを全話観た。

AngelBeatsには非常に楽しませてもらいながらも主人公のあやふやさ、膨大なキャラが出て一人一人の話に迫るアニメというよりギャルゲーの文脈を踏襲していて演出も……と不満点が多かったのもあって、Charlotteは期待しながらも観るのが怖かったものだ。実際、最終話まで放映されてみたら批判も巻き起こっていて「観るの嫌だなあ」と思ってしまったけど、いやあ観てみたらちゃんとABの反省点は活かしているし、全13話で「能力者達の世界の話」をまとめあげていて圧倒的にABより高評価である。傑作といっていいんじゃないかな。

KanonもAIRもCLANNADもたいしてはまらず、リトルバスターズはいいなと思いAngelBeatsも条件付きで良しと後期麻枝准にハマっている身としては大満足の内容であったよ。特に後半の展開についていえばゲームの背景労力的な制約から「箱庭的世界」で展開する作品群から踏み出し「世界」を描こうとする広がりが見えたのも新境地としておもしろかった。全13話では展開が急だと批判が出るのもわかるし(最低限の段取り自体はやっているので僕はここは大きな問題には感じない)スケールのさせ方、描き方に粗があるのは間違いないが、別の言い方をすれば「麻枝准作品として洗練させる余地のある、空白地帯が発見された」ともいえるだろう。

あとはAB以上に画面の密度/満足感が異常に高く楽しませてもらったな。友利奈緒の透明化能力の叙述トリック的な映像演出も良かったし、能力の描き方としては「制限」を笑いにもシリアスにも幅広く用いていて麻枝准っぽい振れ幅の広い作品であった。前半の「能力者たちの日常」パートの登場人物たちが後半ではほぼ絡んでこないところとか、なんとかなったんじゃないかと思うところは無数にあるけれども、総じて大満足ですよ。絵と音楽でここまでトータルに楽しませてもらえば文句はないし、キャラクタも素晴らしい。

わざわざ言及するようなことでもないかもしれないけれど、「奇跡には代償がある、奇跡なしでもやってみせる」っていう筋の通し方も、相変わらず自己言及性の高い内容でよかったですね。こういっちゃあなんだけど、ボロボロになって狂いそうになっていく主人公はほとんど麻枝准だったかと。

惜しむらくは、今後またPAと組んで麻枝准が脚本を書くことはなさそうだなあ……というところか。ABよりも作品のバランスでは(ある面では。たとえばギャグの振れ幅としてはABの方が良かっただろうな)良くなっているし、未開拓の新境地もみせてもらったし、次の作品はもっとよくなるはずという確信はあるのだけど、それによって売上が上がるとは限らないのが面倒臭いところである。こういうタイプのオリジナルアニメ作品の脚本をつくれる作家は他に居ないんだから、願わくば次作がみたいところだ……。

何が受け入れられなかったのか

マフィアなり突如のテロ組織の文脈が唐突で受け入れられなかった側面があるのだろうなとは思う。ABのゲームを前提としたようなシナリオと違って、今回は映像的な演出を最初から取り入れた洗練されたシナリオになっている一方、一人称に寄って演出をする癖がまだ抜け切れていなかったのかなと。

三人称のカメラで進行する物語に反して、情報は極端に主人公に寄った形で記述されていくから、マフィアもテロ組織もそれまで彼の意識の中には存在しない文脈が突如、兄や兄の組織の人間と関わることによって挿入されることになる。この「突然の変調」部分は一人称的な文脈で言えばそう違和感はない=主人公と読者はシンクロしているから、唐突な展開に驚く主人公と一緒になって驚くことができる。だけどあくまでも第三者としてアニメを観ている視聴者からすれば違和感はある。

尺が足りないというコメントをいくつかみたけれども、僕はこの作品で尺が足りないってことは全然なかったと思う。最後の世界偏歴も、アレ以上長くやったってしょうがない部分で、2話もやられたらたまったもんじゃない。前半の野球回など無駄だったといわれる回もあるし、あれがなくても別の部分での吸収合併が可能だという点には同意する。一方で、僕はその点には同意をするが、野球は壊れていく日常を演出するための「日常回」であって、削って削って削りきればいい=日常回を起点となる1,2,3,4話でまとめてしまってもよかったかといえばそうではない=後半の展開への落差に楽さがなくなってしまうので「なくてよかった」には同意しない。アニメにおける普通の構成とは違うが、二幕構成としては真っ当な内容だというのが僕の考えである。

ではなぜ尺が足りないという意見が出てくるのか? 尺が足りないと言っているやつらはバカなのか? といえば、それもまた違うと思う。尺が足りないというよりかは、実質的に発生しているのは観ていくうえで明らかな「段取り不足」である。なぜ突然マフィアが? 突然テロ組織が? 主人公が突然世界を周るのは? 日本の組織は彼を助けるまで何をしていたのか? 無数の細やかな段取り不足が積み重なって、「あれもこれも説明されずに唐突だ」という印象になって、それが結果的に「もっと描写されていれば」という不満点=尺が足りない、になっているのではないだろうか。尺の問題ではなく、尺の配分の問題である。

僕はアニメでありながらもほとんど途中から小説のようにして(特に7話からは)観て/読んでいたから、突如現れたマフィアやテロ組織は「そういうことも当然あるだろうな=組織と繋がることによって主人公の世界観はそれまでの学校の世界から広がったんだな」と自然と受け入れてしまったし、最後の世界偏歴も、日本側で何をやっていたのかの描写を入れることは出来たはずなのだが(少なくとも断片的に入れることはできたはず)本作はそこで「両方を描く」ということはやらず、主人公の視点にシンクロさせて進めた判断を支持する。

それまでいくらでも伏線としてははりようがあったそうした情報を「隠し」唐突に各種描写をはさみこんだのは意図的なものなんだと僕は思う。だけどまあ、どうしてもすべてが客観的な絵として画面にあらわれてしまうアニメーションとしてはそうした手法は端的によくなかったんだろう。僕はここについて「尺が足りなかった」とは批判しないものの、「アニメとしての描き方ではなかったのでは?」という批判の仕方ならありなのかなと思った。まあそれはそれとして僕は大変楽しませてもらったから、それでいい話ではある。