基本ライトノベル

ライトノベルについて書くブログだったはずだけど日記のブログだよ

メルマガにするという選択肢はあるのか

「基本読書」とこのブログをやっているわけだが、これをメルマガにするという選択肢はあるのだろうか。

きちんとしたコンセプトをあらたに作り上げ、それにそって月15回程度の更新を基本とし、他にコンテンツを追加しながらそれをメルマガにして月700円程度で提供する。

前提1.たくさんの人に読まれたいとは思っていない。
前提2.積極的に自分の文章を金にしたいわけではないが(たとえばGoogle AdSenseを貼ったりすると見栄えが悪くなるから嫌だ)、自分が嫌ではない手段で金がもらえるのあればもちろんもらっておくぐらいの欲はある。
前提3.根本的に書きたいから書いているのであって、そこさえブレなければ他の部分は些細な問題である。

問題1.メルマガにした場合、読む人間/触れる人間は減るだろう(前提1があるので大きな問題にはならない)。
問題2.たとえば700円で10人しか登録しなかった場合、前提2.があるからそれでも成立するとはいえ、特にこちらが金銭的にうまくはなく読める人間も減り誰も特に幸せにならないというパターンがありえる。
問題3.現状ブログ経由でなかなかおもしろい/やってみたいなと思える派生の仕事をいろいろいただけている面もあり、これがなくなるのは悲しいか(読者を制限することによる営業面での問題といえる)。

利益1.10人だったら7千円だが100人だったら7万円の収益が発生する。だが、現時点では100人も登録はなさそうで、個人的な推測としては多めに見積もっても40人程度になるのではないか、という見込みである。
利益2.あんまり公開では書けないようなこともある程度はつっこんで書ける。
利益3.金をもらって書くわけで多少はモチベーションになる(前提3と衝突するかも?)。

結論.こんなところか、と書きながら考えて、利益が薄いのでやらないなこれは、という結論に至る。仮に有料読者数が100人を超える状況が想定できるようになれば移行も検討できるだろう。個人的には、最終的には移行したいという気持ちはある。その場合は文章だけではなく別の物もつけることになるだろう(月1〜2回程度の総評的な読書ラジオの開設とか)。まあ2〜3年後をターゲットに考えてみますか。そんだけ経つとまた状況が大きく変わってそうだけどなあ。