読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

基本ライトノベル

ライトノベルについて書くブログだったはずだけど日記のブログだよ

日記2

日記でも書くか、という気分になることがある。

仕事で移動が多くなりそうなのと、外での原稿作業用にMacbookAirを購入。11インチでないと持ち運ぶ気にならないと知人にいわれたが、うーん、かつて11インチを使っていたときは小さすぎて気が狂いそうだったので13インチにしてしまった。というか11インチは在庫がなくて、あっても値段が13インチとたいしてかわらんのだ。これが正しい判断だったのか間違いだったのか……は今月中にわかるといいのだが。

新しいパソコンを買うときはいつもわくわくするというか、最近欲しくてえいやっと買えないのはパソコンぐらいなので嬉しい(遊びの金はだいたい原稿料で賄えるレベルでしか欲しいものがない)。あとはWindowsのゲーム用ノートパソコンもほしいんだけど(家で常用しているのはMacbookpro)こっちはMac以上に値がはるので来年にしよう(ランス10が出る時に買うか)。

SFコンテストの優秀賞を受賞したのは一人はプログラマでもう一人もIT系の人間であった。別にプログラマだからSF作家になりやすいというわけではないだろうし、単純に今ITの仕事が豊富だからだろうが、時代を感じさせるものがある。AIと人類は共存できるかというアンソロジーも早川から出たが、作家陣の多数が元プログラマだしなあ。人工知能ったって今は機械学習から出てきた成果がその名で呼ばれていることが多く、プログラマに書かせたほうが良い面があるのは確かである。

今月中にあと20冊ぐらい読まないといけないのだが明らかにぼくの読書スピードを超えていてどうしたもんかなと思ってしまう。いやどうしたもんかなもない、読むしかないのだ。明日はHONZ忘年会である。今日は雪が降っているが、明日はまあ大丈夫だろう。