基本ライトノベル

ライトノベルについて書くブログだったはずだけど日記のブログだよ

いろいろな雑感

近況。これまでプログラムは金を稼ぐ手段としか思ったことがなかったが、Rubyで毎日コードを書くようになってからはじめてプログラムの楽しさに気がついたのはこの二ヶ月ぐらいの大きな収穫。うーん、楽しい。ずっと書いていたいと思うほどではないし頭をつかうので疲れるが……。プログラム仕事が終わったら文章書きの仕事をしなければならないわけで延々と文字を書き続けている=文字で金を稼ぎ続けているといえる。

文章はいくらバグってもだいたい相手に情報は伝わる=誤字とか多少変な文章構造、思い違いがあっても大まかな意図は伝わるが(あるいはそもそもバグがあろうがなかろうがさっぱり意図が伝わらない)、一方でプログラムはバグるとそもそも結果が出力されないかわりにバグがなければ綺麗に想定通りの結論が出るので同じ文章書きといってもバグと出力結果がまったく異なり、気を使う部分も同様に違うので一日プログラムしたあとでも文章は普通に書ける。

ネットのデマについて

あまりにもネットにデマが多すぎる。そもそもたかがネットの発言をリツイートしたりはなから信じ込んでしまわなければいいのだが(公式発信のもの、現実に起こっていることの情報(地震とか)を除く)、なかなかそうもいかない。だから個人ブログもツイッタも読まなければいいと(個人ブログもツイッタも書いているにも関わらず)思う。他人に対してブログを書け書けいう人間もいるが、個人的にはどんどん書くのをやめてもらいたい。