基本ライトノベル

ライトノベルについて書くブログだったはずだけど日記のブログだよ

最近みた映画

メッセージ

やたらと評判が良かったけど冒頭があまりにも眠すぎて無理だった(寝た)。音楽も含めて寝かせようとしているとしか思えない。後半も特に……がんばってあの短篇を長い映画にしましたね、としか……。エイリアンの使う文字のデザインは良かったと思う(宇宙船のデザインは良いと思わなかった)。

キング・アーサー

アーサー王物語を何らかの都合によって適当に改変していて、妙なところで逸話を再現しようとしているちぐはぐさがあるが、それでも抜群におもしろい。ノリノリの音楽で時間を圧縮していく演出、スローモーションを筆頭とする時間の流れのコントロール、あまりにもガイ・リッチーだがその全部載せみたいな感じで一番好きな作品になってしまった。握っただけで崩壊する塔、一振りすれば数十人が一度に吹き飛ぶ、そんな無茶苦茶なエクスカリバーをちゃんと持つんじゃなくて地面にこすりつけながら不良のようにダラダラと敵に向かっていくところとか、スラム街のアーサー王描写が発明すぎてヤバイ。ただ字幕のレベルがめちゃくちゃ低かったように感じたが気のせいだろうか。ものすごい誤訳もあったような気がするが……。

スーサイド・スクワッド

Netflixに来ていたからみた。そもそもつるんだら悪の魅力がねえよというところはツッコんでもしょうがないのでスルーすると、それなりにおもしろかった。ただ普通に退屈な部分が多いので映画館で観てたら寝てたと思う。僕はヒーロー物は基本的にコスチュームから何から何までアホ臭くて嫌いなのだが、マーヴェルとDCだったらまだDCのが好きだ。しかしDC世界もマーヴェル世界も、ヒーローがいるわりに悪の力が強すぎて絶対に行きたくねえな……と思わせられるのが凄い。