基本ライトノベル

ライトノベルについて書くブログだったはずだけど日記のブログだよ

実写とアニメが入り交じったような『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』初日にみてきた。

正直言って初見時の感想は「つ、つまんねー……」というものだったが、終わってから一日ぐらい頭の中で反芻していたらけっこうおもしろい作品だったような気がするな……と感想が変転してきた。最初は中学生男子の会話に妙な違和感はあるわ、風景や背景にもそんなに魅力を感じないわ、キャラクタの言動の意味不明さについていけていなかったけれども(あと、原作映画もみてないので今時タイムリープでコレって古すぎて今やる意味ないじゃんとおもってしまった)まあそれはそれとしてわりきれない感じがいい映画だなとおもったのであった。

あくまでも映像的なことがよくわかっていない人間の主観的な感想だが、前半部分に関しては男子中学生の単純さと女子中学生の微妙な複雑さの生っぽいところを延々とやっていて、アニメでやるには向いてないしそんなにうまくいってないよなーと思うことしかりだった。が、アニメではあんまりみたことがないし、これはこれでおもしろいんじゃないか、少なくとも頭のなかにはよく残っているナーというのが良かったと変転してきた一点。で、もう一点はどんどんファンタジック(SFジュブナイル)な感じが出て来る後半戦で、こっちは非常にまたアニメ的で、結局見終えてみれば実写を見たようなアニメを見たような微妙で複雑な感情が残るのであった。

で、それはプロットも同様で、どこまでが原作通りなのかしらないけど、コレって別にどうにもならない話なんだよね。女子中学生が親のあれこれで「家出したーい」っていって男の子にちょっかい出して(無理だとはわかっていながらも)ちょっとひと夏の冒険したいですというだけで、タイムリープが発生するはするけど、ちょっとずつ状況は変わるけだけで、特に大きな変化(問題解決)が起こるわけではない。別に家出と駆け落ちが成功して東京で暮らすなんてありえないし(そもそもそれはハッピーエンドではないし)、だから結局描かれていくのはひと夏の中学生の哂っちゃうような初々しい恋模様(のようなそれ以前のもののような)であって、物語は何らかの欠乏を満たすために駆動されているわけではなくただただスナップショット的にそうした関係性のパターンが美しく切り取られていく(そんなに美しく感じなかったけど)。

そういうプロットだと「わ、わ、わきりれねえ〜」という感想も出てくるんじゃないかなと思うし、だいたい作品からして実写なのかアニメなのかうまく割り切れない感じがあるし、まあつまんねーという感想もわかるが、それはそれとして「おもしろくはあるな」というのが今の感想である。まあでも、公開直前のインタビューの文字起こしで(これは文字起こしした人の問題でもあると思うけど)、一回の返答の中で新房監督が「なんとなく理解しました」とか「なんとなく思いました」とか「なんとなく」を連呼していて「本当に大丈夫なのかな……なんとなくでつくってんじゃないのかな……」とおもってしまったがきっとなんとなくはつくってないとおもいます
www.animatetimes.com