基本ライトノベル

ライトノベルについて書くブログだったはずだけど日記のブログだよ

『GODZILLA 怪獣惑星』を見た。

一回見たときの素直な感想はまっとうにおもしろいなというもので、それはそれとして「何がなんなんだ??」という疑問も多く残る。とはいえ三部作ということもあって、それがどの程度のちの第二部、第三部で解決されるのか、あるいはされないのかはよくわからない。

まず良いなと思ったのは基本的には設定で、まあ二万年後の地球、人類がKAIJUに奪われた地球を取り戻す──という展開がつまらないわけがない。導入自体も放浪の果に行く当てがなくなって帰るしかないという、まあ納得はできる内容。アクションなどの3dのアニメーション部分は、正直期待していたほどではなかった。服装や風景はのっぺりしているし、キャラデザもピンとこないし、動きにそこまで面白さがあるわけでもない。音(BGMや環境音)も特にいいと思わなかった。が、そのすべてが別につまらないというわけでもないしだめすぎるというほどでもなく、まあ設定がいいからオモシロイなという感じ。

ほかは、妙に台詞回しはくどいし( 演説ひどすぎじゃない?)、説明的なカットが多くてだるいし、登場人物の行動に感情が後追いで追いついていく感じで、画面に展開した時は「あ、そういうことするやつだったんだ君って」という感じで違和感があるのだが、もう少ししてから考えてみると「まあ、そういうもんかな」と納得する。なんか文句ばかり出てくるが、それはそれとして見ている間は「おーすご~い」と思っているわけなので、なんとも褒めづらい映画である。設定的によくわからないのは、KAIJUと戦う時に人間だけでなく異星の人型種族が協力するところで、普通そんなやつが出てきたらKAIJUぐらいあっさりやっつけそうなもんだが一緒にやられてしまう。もちろんその技術があったからこそ人類は宇宙に飛びだつことができるし、謎が残りすぎるぐらいに残っているのだが、あえてこんな設定を入れるだけの意味がどんだけあるのかこの先の展開がけっこう不安になってしまう。何しろKAIJUがいるというだけでもものすごい大ぼらなのに、そこに加えてわけのわからん人型種族が都合よくやってきたわけなので、大ぼら☓2を通そうとするリスクは大きい。

パシフィック・リムもまあ、KAIJUに対抗して巨大ロボをつくったという大ぼら☓2なわけだけど、それは”怪獣とロボットが戦うなんて最高にクールじゃん!!”っていうあからさまな利益があるから成立するのであって、亜空間航行でワープする能力を持っていながらもKAIJUに勝てもしなければ、人類が住める惑星を探すだけの科学力もないし、第一部時点ではただただ物語的に都合のいい存在で、こんなやつらの存在を許容するだけのオモシロ展開に持っていけるんだろうか。正直いきなりワープして11光年を飛んで地球に戻った時、笑っちゃったよ。まあ、たぶんそこも含めて全部計算通りという展開になるんだろうし、そこが納得できる展開になるのかどうかについては(虚淵玄だし)不安ではあるものの、あまり心配してないんだけど。

大きな疑問のひとつは、ゴジラは一匹しかいないみたいなので、ゴジラの真反対に降りればええやんけというものだが、作中で「あいつは絶対に人間を見逃さない」みたいな話もあったので、そこは真反対に降りても無理なんだろうなと無理やり納得した。それはそれとして、別に地球が完全にだめになるわけでもない(ゴジラは宇宙にこないんだから)のだから、最初から宇宙にあてもない旅になんかでないで、とりあえず地球周辺を回遊しながら時折ゴジラのいないエリアに降りて資源を回収する、あるいは食物でもなんでも栽培して、ゴジラが近づいてきたら脱出するだけでええやんけと思ってしまった。

あと、作戦が荒唐無稽な上にずさんすぎるとかいろいろあるけど、個人的にこの作品にぐっと惹きつけられたのはエンドロール後で、なんか地球人が普通に暮らしているっぽい点。どうにも乗り切れなかった宇宙からの期間編だが、この土着の地球人がメカゴジラなり超能力なりを用いて戦う展開の方がよほどおもしろくなりそうだ。なんかどうも宇宙から新しい作戦を携えて帰還しましたーいろいろがんばって倒しますーという展開にさっぱり燃えないんだよね(そもそも科学力が基本的に与えられたもので、なんか全てが操作されている可能性を考慮するとがんばって倒してもそうなるように操作させられてるだけなんじゃないの?? と疑問が湧いてくるし。)

色々書いたけれども、見ている間は普通に楽しんでいたし、ここで書いたことも基本的に第二部、第三部でみていくうちに「ああ、そういうことなのね」と解消するものだと信じている。