基本雑記

日記ブログ

アズールレーンを削除した。

スマホゲームのアズールレーンを削除した。

別にゲームを入れて、削除することなんかよくあることなのでそれ自体に特筆すべき箇はないのだけれども、アズールレーンは僕としては結構長い間やっていた上に課金も(初期の頃は)していたので、少しだけ何に飽きたのか考えてみたくなった。

アズールレーンはゲームとしてはおもしろかった。満足した。同様のゲームだと、僕は艦これは2ヶ月ぐらいやってこんなに時間を使っていられるかと放り投げてしまったので、こちらの方がより長く遊べた。戦闘システムは横シューティングの仕組みで、残機などの概念はなく被弾するとゴリゴリHPが減っていく。それを防御するスキル、ダメージを軽減するスキルなど艦ごとのスキルがあり、オートでもクリアできるバランスで組まれていて、とスマホ用の亜種STGとしてしっくりくる作り込みだった。

嬉しかったのが戦闘がほぼオートで出来ることだ。FGOもやっており、そんなにスマホゲームに時間を使いたくなかったので、あまり時間が使わずにゲームが進展しキャラクタを強化できるのは単純に利点であった。また運営方針からか、ガチャが非常にゆるく、最高レアの排出率は7%であるのもプレイしている側としては素晴らしい。回すための石も、日毎の任務をクリアしていれば一週間で10連以上回すことが可能。

さらに、ガチャで出たキャラクタに同キャラクタを重ねることでレベル上限が突破できるのだが、突破専用のユニットも任務やログインを重ねることで容易に取得可能で、ガチャで1体でも目的のユニットを出せば、後は簡単に最大レベルまで突破できる親切仕様である。初期の頃に1万ほど課金したとはいえ、それ以外では課金することなく、ドロップ限定を除く全てのキャラを出すのは難しいことではなかった。

キャラクターデザイン、イラストも秀逸で、とても可愛らしいのも魅力だった。

何がダメだったのか

なので、金も時間もかからないし、惰性でやっていたのだけれども──といったところで、ここからが削除した理由になる。まずシナリオ、というかキャラ付けが非常に安易で、はいこのキャラはクーデレ、はいこのキャラはヤンデレ、と書き割りテンプレート的な描き方が目立つのがきつかった。キャラ数が多く、頻繁に新キャラが投入されるのでそこまで一体一体のキャラ付けにこだわってられねえという事情はあるのだろうが、それも相まってシナリオは非常に虚無的で、ほぼすっ飛ばし続けていた。

あとは、単純にゲームに飽きたこと。STGのように弾を避けるといってもそこまでシビアなレベルは要求されないし、オートでずっとやっているのでオートが不可能なほど難易度が高いステージになるとただただ面倒さがつのる。テクニックでなんとかできるのならまだいいが、新しく実装されるステージの難易度に必要なのはレベルと装備で、それを揃えるのがまたしんどい。クリア必須というわけではないのだが。

次に、先ほどは利点として紹介したキャラクタを揃えやすい・強化しやすいことだが、キャラがゲームに追加される速度よりも、ガチャで出して育てる速度の方が早いので、ほとんどのキャラクタが育ってしまい、育てる喜びが減っていってしまった。ただひたすらに使う当てもないキャラクタを、もう育てるやつもいないからという理由で育てていると、虚無に向かっているような気持ちが湧いてくる。また、この頃になるとガチャ用の石もすごい勢いで余り出しており、200回以上ガチャを回せる(しかもすぐにお目当てのものはでるので、そんなに回す必要すらない)状況が続いていた。

もうやることがあんまりないなーと思い始めた所で、当然ながらそうした状況を改善するためにゲームに改修が入るのだが、まあよくある内容である。レベル上限の解放。レベル上限解放用のアイテムの出現。ガチャではない、別の形で取得する新ユニットの追加。より難しい新章の解放など。ようはやることがなくなった人たちに対して、まだまだやることはありますよという形での実装で、まったくセオリー通りなのだが、アズールレーンに関しては「面倒くさくないこと」「時間がかからないこと」が僕にとっては惰性的に続ける理由になっていたので、ごちゃごちゃごちゃごちゃとやることが増えて、もう面倒くさくなってきたので、やめるか、となった。

おわりに

この記事は別にアズールレーンをディスりたかったのではなく(依然としておもしろいゲームだとは思う)、ただ一人の人間が長期間にわたって、対人戦も無いひとつのゲームをプレイするのはやっぱり難しいものだよな、というのを再確認したかったところがある。『ラグナロクオンライン』や『マビノギ』など、昔から幾つかのオンラインゲームをやってきたが、どれだけ作り込まれていても、やっぱり一つのゲームを2年も3年もやったら飽きるもんなあ。逆に、何年経っても飽きないゲームに出会ってしまったら、それはそれでおそろしいから別に出会いたくもないし……。

僕がやっているスマホゲーの中では、今のところは唯一FGOだけは続いているが、これもゲーム自体には完全に飽きていて、ただ無料でめちゃくちゃおもしろいシナリオが解放されるから続いている。スマホゲーというか、時折シナリオが配信されてくるアプリみたいなもので、同列に扱えるかというと微妙である。