基本雑記

日記ブログ

07/06

雨。通常通りの業務。ふられた機能をどう実装していいのかまるで検討もつかなかったが調べていくうちに度目処がついたので安心。来週は余裕をもって実装に入れそうだ。しかしslim3なんかいまさら勉強したところで意味ないよなあ。夜はゲンロンカフェで小川哲☓飛浩隆☓東浩紀☓大森望の会に遊びに行く。盛況で何より。小川さんも東さんも激しくワインを飲みまくっており特に小川さんは相当酔っ払っていたようだ。笑いの絶えないとても楽しい会だった。飛さんの話がもう少し聞きたかったぐらいかな。零號琴の話とか聞きたかったし(最後に質問したけれども)。

人の多い場は苦手なので特に誰にも話しかけずに早々に退散。ゲンロンカフェって行くのは2年ぶりぐらいだけど今は良い循環に入っているように見えるなあ。講座などはそれ自体の収入もあるけど、そうした講座に参加してくれた人たちがゲンロンという場をホーム的なものとして認識してくれるようになるわけで、講座を重ねれば重ねるほどそうした人たちが増え、イベントにも参加してくれる割合が増えるんじゃないかな。そういう常連みたいな人が2年前と比べるとずいぶん増えているように見えた(今回はSFというテーマだからこそなんだけど)。しかし19:00開始の終了が22:30ぐらいだったので食事をとって家に帰ったらもうほぼ寝る時間に。だが家に帰ってゲームしていたらいつのまにか3時になっていたので就寝。

本は瀬尾つかさ『ウェイプスウィード ヨルの惑星』を読む。3篇の連作中篇集。25世紀、海に覆われた地球の風景、異種生物SFと好みのライン。おもしろいけど、紹介するようなフックはないかなあといったところ。イラストは素敵だ。

ウェイプスウィード ヨルの惑星 (ハヤカワ文庫 JA セ 2-3)

ウェイプスウィード ヨルの惑星 (ハヤカワ文庫 JA セ 2-3)