基本雑記

日記ブログ

負けがあるから記事を書くのが楽しい

0717。おぞましい晴れ。仕事に向かう前にパスポート申請に向かう。パスポート、久しぶりに申請したのだけど戸籍謄本がいるんだったね。住民票だけでいいと思いこんでいたので一度それで徳島から戸籍謄本を取り寄せる羽目になった。8月にイギリスに行く予定。特にやりたいことも観たいものもないがブラブラするため。

仕事はちまちまと実装を進める。難しいことをやっているわけではないのでサクサク。やはりサーバ側の処理を書いていると落ち着くというか、見た目の部分を実装するのってなんか実装してる感じが全然しないんじゃよな……。人によってはフロントを実装しないと作ってる感がないという人もいるのかもしれないが、でもプログラムングの醍醐味って最小の手間で最大の成果が得られること=データの操作にあるんじゃないだろうか?? だからもっとも手軽にその成果を体験できるスクレイピングからプログラムを学び始めるのが個人的に一番「楽しく」「わかりやすい」んじゃないかと思うのだがまあそれは人によるのだろうな。

時事通信社に書いた原稿が配信される。けっこういい出来だと思われる。個人的にあんまりスポーツそのものに興味が持てないんだけど、それはそれとしてサッカーの戦術の話とか、野球の歴史の話とか、名プレイヤーの話とかは好きだ。結局僕は物事の成り立ちや理屈を知っていくのを知っていくのが好きなのだろう。何年に一度の彗星とか天体現象とか、わざわざ家の外に出ていって見るほどの興味も湧いてこないが、本を読んだり調べたりしてすることには興味がある。

本を読んでいる暇がなかったので読書はなし。家に帰ってからは《青春ブタ野郎》シリーズで記事を書く。書く前から予想していた通り、難産。無難にまとめて、これなら公開しないほうがいいんじゃねえかなと思いつつも出しとくか……ぐらいの最低レベルにはしたので終了。こういう明確な「敗北」があるから書評というかレビュー記事を書くのが楽しいとも言える。いつもいつも「まあまあよく書けたな」と満足していたら、すぐに書かなくなってしまうだろう。いつも負けてばっかりなんで、もっと勝率を増やしたいが……。『歴史は実験できるのか 自然実験が解き明かす人類史』の記事とかも、もっとうまく書けるはずと思いながらも書けない。